宮城県石巻市T様邸 外壁塗装(ALC/パワーボード)  31~33日目

31日目(12月1日)

外壁塗装が完了したので、養生撤去後
見切りがイマイチの部分があったため、
もう一度マスキングテープで養生。


手直し。
手直し後の画像撮るの忘れました。m(__)m


出窓の窓枠の幅が狭くテープが貼りづらいため、
時間をかけて養生したんですが、
見切りがガタガタでした。

手直しする時、9㎜のマスキングテープを使用したんですが、
それでも時間がかかり
この日は養生撤去→見切り養生→手直しで
一日かかりました。

31日目(12月2日)

軒樋の吊金具と雨樋は今回は塗装となりましたので、
ケレン後の続きを行ないました。


吊金具をケレンしてから、雨の日が少なく
降っても弱い雨だったので、
吊金具まで濡れていませんでしたが、
空気中の水分などの影響で
薄っすら錆が浮いてきているようだったので、
ワイヤーブラシで気になる部分を再ケレン。


錆び止めは大日本塗料のエポティです。
(弱溶剤2液形エポキシ樹脂塗料)
ペンキ(主剤)と硬化剤を指定の比率で混合。


養生しているので、
できるだけタップリ錆び止めを塗装。

この日は錆び止めが完了しました。

32日目(12月3日)

朝一、夜露が落ちていなかったので、
屋根の谷を塗装(上塗り2回目)

インターバル(塗装間隔)が過ぎているので、
ケンマロンで目荒らしを行い付着性をUp。


上塗り2回目完了


次に破風/鼻隠しの養生を撤去。
養生する時も時間がかかりましたが、
撤去する時も時間がかかりました。(^_^;)


次は出窓の上塗り1回目を塗装する前に目荒らし。

使用した錆び止め塗料/エポティは
塗装間隔が1ヶ月(外気温度で変動)程度あるので、
目荒らしは不要ですが、
しないよりはした方が付着性は向上するので、
サッと目荒らしを行いました。


上塗り1回目塗装中
使用した塗料はKFケミカルのセミフロンマイルドⅡです。
(弱溶剤2液形フッ素樹脂塗料)


最後に雨切りにブツが付着していたためペーパーをあてて、


清掃。

この日の作業は完了しました。


T様

あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今後もまったり更新させて頂きます!(^^)